• 音の色鉛筆

「自分が弾きたい曲」 を弾けるレッスンに

「自分が弾きたい曲」が

「弾ける」レッスンにしたいな

私はずっとそう思ってきました

なので、基本的に生徒さんの

意志を尊重しています

原曲じゃなくても

フルバージョンでひけなくても

今それが弾きたいなら

1フレーズだけでも

弾いてみたらいいじゃん

みたいな感じです


そのために

「この練習が必要だよ」

「これマスターしないと

綺麗に弾くのは難しい。やろう!!」



と私のほうから

明確なポイントがいえるし

生徒さんもその曲のために

頑張れる面もでてくるからです

せっかく習ってるのに

弾きたい曲は、ずっと遠くにあるなんて・・

私自身、振り返ってみたら

「まだ無理よ」「ここまでいったらね」

「あの曲もしてないのに」

大切に育てていただいてても

やはりチャレンジしたい曲を

見ていただきたかった

どれだけ練習しても

「まだ無理よ」って言われ続けたら



モチベーションの維持は

なかなか難しいんじゃないかな

勿論ある程度道筋がついて

無理しないで少しずつstep upしての

基礎固めもすごく大切



でもそれは、時にイレギュラーでも

全然いいんじゃないかと思ってます



閲覧数:0回0件のコメント

最新記事

すべて表示