top of page
  • 執筆者の写真音の色鉛筆

三味線ケースのいろいろ

最近、生徒さんに人気の

お三味線ケースがこちら


軽いし、肩にかけられます

気楽な感じでいいですよね

直近では、2人のかたがこちらを

選ばれました


私が持っているタイプは



部屋に置いておくには

このタイプが好きです


ケースも時代とともに

どんどん変わってきましたね


2丁もってるんですが

まだ現役で活躍してるこちら↓




タイプはこれですが

多分もっと重さがあると思います


改めて小物類をみていたら

随分と印象が「軽く」なってる

ような気がします


「和」っていいです


先日、友人とランチした際に

「寺院仏閣すきだし、

着物も和食も大好きだし

なんだかすごく日本人って感じ」


なんて言われちゃいましたが

そうかもー


「和」っていいですよー(リピート)


閲覧数:1回0件のコメント

最新記事

すべて表示

基礎は裏切らない〜50代になって実感してること〜

先日何年かぶりに 唄もののお三味線を演奏しました 「比良」 なぜか4冊もお琴の楽譜があって 一度も弾いたことがないのですが このぐらいの長さなら お三味線にチャレンジしようと 思って三味線譜を今回購入 お三味線の唄もの〜 習い始めたころから 長いことしてきました しかし年数だけは長いですが 体感として全然うまくならない 曲が仕上がってる感覚がないのに 難易度だけはどんどんあがっていく という状態が

Comments


bottom of page